ペットシッター K

シッターK

「猫ちゃんと一緒にくらしていく上での防災対策をまとめてみました。ご参考ください。」

お問合せ

鍵のこと留守中の安全、疑問に答えます

~今から準備しておくとベターなこと~
キャリーバッグに慣れさせておきましょう。
なかなか入らないコはもちろんですが、しばらくここで生活しないといけないので。 首輪に飼い主の名前・連絡先を書いておきましょう。
(ちなみに、うちは首輪してません…これを機に考えたいのですが同居人が「かわいそう」と反対して…悩)
マイクロチップを埋め込むなどしておくと二重に安心でしょう。
ちゃま社長は埋め込み済みです。
~猫ちゃんを置いて避難する場合~
できる限り、一緒に連れて行ってあげてください。 (避難所には猫の嫌いな人もいますので、マナーを必ず最大限に守り、あらゆる手を考えて対処しましょう)
どうしても、猫ちゃんを連れ出せないときは、目一杯のカリカリとお水を何箇所にもわけて(余震で皿からこぼれてしまう!)置きましょう。
(物が落ちてこないトイレなどに猫ちゃんを入れておくのもよいという話も聞いたことがあります) 給餌器をセットしてもよいですが、万が一動作しなかったときのことを考えて、自由に食べられる場所に必ずエサは置いておきましょう。
~最後に!!~
まずはあなたの命を優先してください!
あなたが生き延びなければ、まず猫ちゃんたちは生きていくことができません。 あなたが生きていれば可能性は広がるのです。